春日部駅東口徒歩5分の動物病院。犬、猫の病気、怪我、予防接種などご予約・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

土曜・日曜・祝日も診療しています|048-755-5555
メールでのお問い合わせ
  1. Home
  2. 診療案内
  3. 予防について
  4. フィラリア症とは

フィラリア症とは?

フィラリア症とは、フィラリアと呼ばれる犬糸状虫という寄生虫が、肺動脈や心臓に寄生することにより発生する、蚊によって犬から犬へと媒介する代表的な犬の病気です。
フィラリアが寄生することで徐々に血液の循環などに悪い影響を与え、様々な障害が起こり、放置することで死に至る場合もある病気です。

フィラリア症の主な症状について

フィラリアに感染すると主に下記の症状が出てきます。

  • 咳が出る
  • 元気がない
  • 食欲がない
  • お腹が膨らんできた
  • 呼吸が苦しそう
  • 尿が赤くなる。

※フィラリアの寄生があっても、症状が見られない場合があります。

フィラリア症を防ぐには?

決められた期間、毎月1回予防薬を投薬すると、犬フィラリア症を予防することができます。当院では4月下旬~5月上旬より予防を開始し、11月下旬~12月上旬にかけて予防を終了するようにお話ししておりますが、年間を通して投与することを推奨しております。

犬のフィラリア予防

フィラリア予防薬には当院においては内服タイプ(錠剤orチュアブル(お肉風味のおやつタイプ))、スポットタイプ、注射タイプの3種類がございます。
錠剤は飲み薬で、スポットは犬の首や背中など皮膚にフィラリア予防薬の液体を直接つけるものです。また現在のフィラリア薬はフィラリアの予防の他に、内部寄生虫(回虫・鉤虫・鞭虫など)や外部寄生虫(ノミ・マダニなど)を同時に駆除する薬など数多くの予防薬を処方することが可能です。どのタイプのフィラリア予防薬を選ぶかは飼主様のご希望や犬の体調や年齢などによって異なりますので、ご相談ください。

フィラリア症予防のQ&A

Q.春からフィラリアの予防を行うのはなぜですか?

蚊の活動が活発な時期に予防するためです。厳密なお話をしますと、蚊が出始めて1か月後より予防を開始すれば問題ありません。毎年飼主様からお聞きする話を参考に、当院のある春日部市周辺は早い方で3月下旬ごろ、一般的には4月中旬ぐらいには蚊を見たという方が多く、当院では4月下旬~5月中旬までにはフィラリア予防を開始したほうが良いとお伝えしています。また同様にフィラリア薬の終了時期は蚊が出なくなって1か月後まで行うことを推奨しております。その為、蚊を見なくなる時期が10月下旬から11月上旬にかけてが多いため11月下旬~12月上旬まで予防薬を使用することを推奨しております。
 一年中蚊の活動が活発なエリアでは、冬でもフィラリア症の予防薬を投薬する必要がありますが、春日部地域では、春からフィラリア症の予防することで問題ありません。なお当院では年間を通しての予防を推奨しております。

Q.蚊がいない時期には、フィラリア症に感染しませんか?

フィラリアの幼虫に感染している犬から蚊が吸血し、フィラリアを別の犬に運びます。フィラリアの幼虫には「必ず一度決まった時期に蚊の体内に入らないと成長しない」という特徴があります。蚊が吸血しない限りフィラリア症の感染がおこらないため、蚊がいない時期にはフィラリア症の感染は原則認められません。

診療時間・休診日

土・日・祝日も通常通り診療しております

 
午 前
午 後

午前:9:00~12:00(手術時間12:00~15:30)
午後:15:30~19:00(日曜午後14:30~17:00)

クレジットカードによる支払いが可能

時間外診療についてはこちら
時間外診療についてはこちら
往診についてはこちら

春日部駅 東口 徒歩5分

埼玉県春日部市粕壁1-4-36

アシュア動物病院アクセス地図
専用駐車場 完備(4台)
アシュア動物病院駐車場地図

場所は当院の裏になります、郵便局との間のマンション住人通路から入って突き当たりです。

当院駐車場は7番・8番の2ヵ所です。その他の番号には絶対に駐車しないでください。

※専用駐車場が満車の場合、近隣有料駐車場の1時間分を当院で負担させていただきます。

アシュア動物病院 Pagetop