春日部駅東口徒歩5分の動物病院。犬、猫の病気、怪我、予防接種などご予約・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

土曜・日曜・祝日も診療しています|048-755-5555
メールでのお問い合わせ
  1. Home
  2. 診療案内
  3. 予防について
  4. 猫のワクチンとは

猫のワクチンとは

ワクチンとは、無毒化または弱毒化した病原体を体内に注入することで抗体という免疫能を獲得し、以後感染症にかかりにくくする予防法のことを指します。犬の狂犬病のように法律で接種を義務付けられていませんが、猫の病気予防の観点から接種することを推奨しております。

猫のワクチンの種類

猫のワクチンは、感染症の数に応じて、3種、4種、5種、7種の混合ワクチンがあります。当院では3種混合ワクチン(猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症・猫汎白血球減少症)および5種混合ワクチン(猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症・猫汎白血球減少症・猫クラミジア感染症・猫白血病ウイルス感染症)の2種類の混合ワクチンからお選びいただき、接種することが可能です。

猫のワクチンの種類

猫ウイルス性鼻気管炎
猫ウイルス性鼻気管炎とは、猫ヘルペスウイルスによる感染症です。主な症状としては、激しいくしゃみ・咳・鼻水・発熱などの呼吸器症状および結膜炎・結膜浮腫・眼脂・流涙症などの眼科疾患で、典型的な風邪の症状が見られます。他の呼吸器病との混合感染が多く、細菌の二次感染により肺炎を併発することもあります。

猫カリシウイルス感染症
猫カリシウイルス感染症とは、その名の通り、猫カリシウイルスによる感染症です。かかりはじめは、くしゃみ・鼻水などの風邪に似た症状が見られますが、症状が進むと舌・口の周りなどに水疱、潰瘍が見られるのが特徴です。時には急性の肺炎を起こして死亡することもあります。

猫汎白血球減少症
猫汎白血球減少症とは、猫パルボウイルスによる感染症です。白血球が極端に少なくなる病気で、症状としては、高熱・嘔吐・食欲がなくなり、下痢が始まると脱水症状となります。子猫では死亡率が非常に高い病気です。

猫クラミジア感染症
猫クラミジア感染症とは、猫クラミジア(Chlamydia psittaci)による感染症です。菌は、眼や鼻から侵入するため、結膜炎・鼻水・くしゃみなどが見られます。人に感染して結膜炎が起きた例も報告されています(人畜共通感染症)。

猫白血病ウイルス感染症
猫白血病ウイルス感染症とは、猫白血病ウイルスを原因とする感染症です。
症状としては、食欲不振や減退・元気消失・くしゃみ・鼻水・鼻詰り・体重減少が起こります。
持続感染すると80%が3年以内に死亡します。病気に対する抵抗力が弱まるため、いろいろな病気を併発しやすくなります。感染から発症まで期間が長く、その間は見かけ上健康に見えますが、ウイルスが唾液中に現れるため、他の猫への感染源となってしまいます。

ワクチン接種後の注意

・混合ワクチンは出来る限り午後も診察を行っている日の午前中に接種するようにお願いいたします(ワクチン接種後の体調不良があった場合に速やかに処置ができるように)。
・ワクチン接種後1日程度は、可能な限り激しい運動などは避けてください。またシャンプーは1週間程度は控えてください。
・接種後、まれに元気や食欲がなくなることがあります。普段と違った様子が認められた場合は必ず当院へご連絡ください。
・注射後、免疫ができるまで約3週間は、病気の動物に近づけないようにしてください。
・過敏な猫では、まれに嘔吐や高熱・下痢などの症状が見られることがあります。その場合は、当院までご連絡ください。

診療時間・休診日

土・日・祝日も通常通り診療しております

 
午 前
午 後

午前:9:00~12:00(手術時間12:00~15:30)
午後:15:30~19:00(日曜午後14:30~17:00)

クレジットカードによる支払いが可能

時間外診療についてはこちら
時間外診療についてはこちら
往診についてはこちら

春日部駅 東口 徒歩5分

埼玉県春日部市粕壁1-4-36

アシュア動物病院アクセス地図
専用駐車場 完備(4台)
アシュア動物病院駐車場地図

場所は当院の裏になります、郵便局との間のマンション住人通路から入って突き当たりです。

当院駐車場は7番・8番の2ヵ所です。その他の番号には絶対に駐車しないでください。

※専用駐車場が満車の場合、近隣有料駐車場の1時間分を当院で負担させていただきます。

アシュア動物病院 Pagetop