春日部駅東口徒歩5分の動物病院。犬、猫の病気、怪我、予防接種などご予約・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

土曜・日曜・祝日も診療しています|048-755-5555
メールでのお問い合わせ
  1. Home
  2. 診療科目
  3. 整形外科

整形外科

骨折

骨折すべてのわんちゃん・猫ちゃんで発生する可能性があります。以前は交通事故による発生が多かったのですが、最近ではチワワやトイプードルなどの小型犬における落下事故や着地ミスによる骨折が多くなっています。骨折の治療としましては一般的に外科手術を行い、骨折部位を固定することにより改善を図ります。骨折の手術ではピンニング法・プレート法・創外固定法など様々な方法がありますが、当院では提携病院である整形外科専門医集団・One for Animalsの獣医師に手術を依頼し、専門医と最適な手術法を相談しながら当院施設にて手術を行います。骨折は肥満や上下運動を中心とした激しい運動による骨への負担が発症リスクとなりますので、運動管理・体重管理が重要になってきます。


膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼膝蓋骨脱臼は主に小型犬で発生が認められ、トイプードル・チワワ・ポメラニアン・ヨーキー・ミニチュアダックスフントなどで認められます。主な症状としましては看肢の跛行ですが、当院では症状が出る前に触診で事前に判断されることも多い傾向があります。また特にミニチュアダックスフントでは膝蓋骨脱臼が認められる症例では圧倒的に椎間板ヘルニアになるリスクが高まるなど併発疾患が認められることもあり、早期の診断・治療が重要になってきます。当院にて膝蓋骨脱臼を診断した場合はGrade1~4までの重症度分類を行い、必要に応じて内科的管理・外科的管理を飼主様と相談の上、選択しております。内科的治療では主にサプリメントや消炎鎮痛剤などの内服管理を中心に行ないます。外科治療を選択する場合は当院の提携病院である整形外科専門医集団・One for Animalsの獣医師に手術を依頼し、当院施設にて手術を行います。
膝蓋骨脱臼の治療は内科治療・外科治療など様々な方法がありますが、最も重要なことは『運動管理』・『体重管理』です。いくら名医が外科治療を行なっても運動管理や体重管理がおろそかになると再発する可能性が高くなります。また内科治療でコントロールできるはずのグレードの症例でも結果的に外科治療を選択する必要もでてきます。当院では積極的に運動管理・体重管理を行なっておりますので、獣医師までご相談ください。


前十字靭帯断裂

前十字靭帯断裂前十字靭帯断裂は主に肥満傾向にある子で認められることが多く、膝蓋骨脱臼が認められる症例では認められない症例より発症のリスクが高まると言われています。前十字靭帯とは膝関節を構成する靭帯の一つで、膝関節を構成する大腿骨・下腿骨の動きを制御し、特に下腿骨の前方への飛び出しを抑える働きがあります。この靭帯が断裂すると下腿骨が着地のたびに前方へ飛び出してしまい膝に力を加えることができなくなり、常に看肢を挙上してしまいます。一般的には外科治療を行い、前十字靭帯の再建を図ります。当院で手術を行なう場合は提携病院である整形外科専門医集団・One for Animalsの獣医師に手術を依頼し、当院施設にて手術を行います。また一定の条件を満たす症例では内科治療にて経過を観察する場合もありますが、変形性骨関節症(DJD)を発症する可能性もあり、また症状がある程度改善するまでの間は看肢の挙上が続きますので、反対側の後肢に看肢の負担が重くのしかかります。その結果、反対側の後肢を痛めてしまう可能性があり、状況によっては反対側の前十字靭帯を断裂する恐れも出てきますので注意が必要です。


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア椎間板ヘルニアは主にミニチュアダックスフントやコーギーなどの胴長で短足な子によく認められる症状ですが、全犬種で発生します。一般的な椎間板ヘルニアは胸椎や腰椎と言われる背骨で認められ、頚部周辺で発生した椎間板ヘルニアは『頚椎ヘルニア』と呼ばれています。
主な発症原因としては滑りやすい床(フローリングなど)で走って滑ったり、階段やソファー・段差など上下運動になる部分で着地に失敗したり踏み外したりすることで腰をひねり胸椎・腰椎周辺に負担をかけることにより発症します。また肥満傾向や膝蓋骨脱臼などの後肢に問題が認められる症例では椎間板ヘルニアの発生率が高まります。
主な症状としましては、軽度の場合は後肢のふらつき程度で内科治療にて症状の改善が認められる場合もありますが、重度の場合は両後肢の完全麻痺を引き起こし、最悪の場合は自力での排便・排尿などができなくなる場合もあります。このような重度の椎間板ヘルニアを発症した場合はCTやMRIにて確定診断を行なった後に外科治療を行なう場合もあります。ただし外科的治療を行なっても改善する保証はなく、基本的には椎間板ヘルニアにならないように体重管理・運動管理などを注意することが重要となります。


診療時間・休診日

土・日・祝日も通常通り診療しております

 
午 前
午 後

午前:9:00~12:00(手術時間12:00~15:30)
午後:15:30~19:00(日曜午後14:30~17:00)

クレジットカードによる支払いが可能

時間外診療についてはこちら
時間外診療についてはこちら
往診についてはこちら

春日部駅 東口 徒歩5分

埼玉県春日部市粕壁1-4-36

アシュア動物病院アクセス地図
専用駐車場 完備(4台)
アシュア動物病院駐車場地図

場所は当院の裏になります、郵便局との間のマンション住人通路から入って突き当たりです。

当院駐車場は7番・8番の2ヵ所です。その他の番号には絶対に駐車しないでください。

※専用駐車場が満車の場合、近隣有料駐車場の1時間分を当院で負担させていただきます。

アシュア動物病院 Pagetop