春日部駅東口徒歩5分の動物病院。犬、猫の病気、怪我、予防接種などご予約・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

土曜・日曜・祝日も診療しています|048-755-5555
メールでのお問い合わせ
  1. Home
  2. 診療科目
  3. 一般内科/皮膚科

一般内科/皮膚科

細菌性皮膚炎(膿皮症)

細菌性皮膚炎(膿皮症)皮膚が不衛生になったり皮膚の免疫が低くなることで発症する感染症の一種です。主な症状としましては発赤・脱毛・発疹・膿包・痂皮(かさぶた)などが認められます。以前は黄色ブドウ球菌による感染症が一般的でしたが、最近ではその他の細菌による感染や複合感染なども多くなりました。一過性の皮膚トラブルにて細菌性皮膚炎を発症した場合は、治療により比較的良好な経過が望めます。しかし、アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎など皮膚の免疫力が低下して感染症を発症している場合、治療することにより一時的な改善は見込めますが再発を繰り返す可能性が高くなります。シャンプーや定期的な清拭などのスキンケアにて予防が可能ですので、特に夏場を中心に皮膚を清潔に保つことを心がけてください。


アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎一般的にハウスダストや花粉などの環境アレルゲンやノミ・ダニなどの外部寄生虫によるもの、食事のアレルギーなどで発症することが多いと言われています。アレルギー性皮膚炎では特に原因物質の接触が多い部位で症状が悪化したしやすい傾向が認められます(例えばハウスダストの場合は頚部や脇・内股など、ノミアレルギーの場合は腰背部中心、食物アレルギーの場合は口腔周辺や肛門周辺など)。犬でも猫でも症状は確認されますが、猫では特にノミアレルギー性皮膚炎の発症が多く認められ、犬では様々なアレルギー要因が確認されています。
アレルギー性皮膚炎の主な症状としまして痒み・脱毛・発赤を中心としたものが多く、ほとんどの場合において皮膚の免疫力が低下し、2次的な皮膚病の原因となってしまいます。また原因療法が困難で慢性的な経過をたどることが多いと言われています。例えば夏場に多い『皮膚細菌感染症』は皮膚に細菌が感染する病気ですが、皮膚の免疫力が弱いことが一因と言われていますので、アレルギー性皮膚炎の既往歴が認められる場合は発症しやすいと考えられます。アレルギー性皮膚炎の好発犬種としましては柴犬・シーズー・コーギー・コッカースパニエル・トイプードル・フレンチブルドッグ・ウェスティ・ゴールデンレトリバーなどです。悪化するとかゆみやただれなどの症状が出て掻き壊して悪化していきますので、異変に気がついたら早めの受診を心がけてください。


アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎アトピー性皮膚炎は一般的には原因不明のアレルギー性皮膚炎のことを指しますが、最近では複数のアレルギー物質による皮膚病の総称という形でも使用されています。主に『アトピー素因』と言われるハウスダストや花粉・真菌などにより対してアレルギー反応が認められる場合にアトピー性皮膚炎と診断されます。主な症状としましては発赤・痒み・脱毛・発疹などで、特に顔面周辺や四肢先端(パッド間や指間など)・脇・内股などに強い痒みを伴う発赤が認められます。一般的にはステロイドを使用して痒みや発赤を抑えていきますが、体質による病気のため完治は望めず、またステロイドによる長期的な内服管理には看過できない副作用が認められますので、ステロイドに頼らない治療法での管理が必要になってきます。当院ではなるべくステロイドには頼らない治療を推進しております。なお、血液検査にてアトピー素因があるかを推測することが可能です。ご希望の方は獣医師までご相談ください。


診療時間・休診日

土・日・祝日も通常通り診療しております

 
午 前
午 後

午前:9:00~12:00(手術時間12:00~15:30)
午後:15:30~19:00(日曜午後14:30~17:00)

クレジットカードによる支払いが可能

時間外診療についてはこちら
時間外診療についてはこちら
往診についてはこちら

春日部駅 東口 徒歩5分

埼玉県春日部市粕壁1-4-36

アシュア動物病院アクセス地図
専用駐車場 完備(4台)
アシュア動物病院駐車場地図

場所は当院の裏になります、郵便局との間のマンション住人通路から入って突き当たりです。

当院駐車場は7番・8番の2ヵ所です。その他の番号には絶対に駐車しないでください。

※専用駐車場が満車の場合、近隣有料駐車場の1時間分を当院で負担させていただきます。

アシュア動物病院 Pagetop